048-434-3493 ご予約

外傷について

蕨の地から、納得いただける医学的根拠に基づいた治療を。

外傷について 外傷について

外傷の治療について

歯の外傷では、迅速かつ適切な対応が大切になります。 当院では、初期治療で視診・触診・レントゲン・CT・動揺度などの診査・診断を行っています。それによって適切な対応が可能となり、抜歯を回避し、歯の神経を残すことのできる確率が高まります。
また、歯髄の診断・外傷の診断をもとに生体や治癒能力、患者様の健康状態を考慮し、できる限り歯髄と歯を温存できるような治療に努めます。

こんなときにはすぐにご相談ください

歯の外傷の場合には初期治療ですべてが決まります。最初の対応によって抜歯や抜髄になるおそれもあるため、下記の状況になったときにはまず当院にご連絡ください。

  • 歯をぶつけた
  • 歯が欠けた(破折)
  • 歯がグラグラするようになった(動揺、歯根の破折)
  • 歯の位置がずれた・めり込んだ(転位、陥入)
  • 歯が変色した、歯肉が腫れてきた(変色、歯肉の腫れ)
  • 歯が抜け落ちた、なくなった(脱落、喪失)

※完全に歯が抜けた場合には、歯を牛乳(浸透圧が生体に近いため)につけてお持ちください

けがをして、歯が抜けた

お子様が友達と遊んでいるときや、スポーツをしているときに転んで歯を折ってしまった……。そんなときは、すぐに折れた歯を持ってご来院ください。

折れた歯はほんの少しのかけらでもよいので、しっかりとラップやガーゼなどに包み、できれば水などにつけてお持ちください。歯の根の場合は、根の部分に触らないようにして牛乳につけておきます。

もしも歯が汚れている場合は、歯根膜には触らずに、数秒間だけ弱い水量の水道水で洗い流してから牛乳に入れてください。牛乳がない場合は、歯を飲み込まないように注意しながら口の中に入れて受診してください。

歯が折れてしまった方へ

歯が折れてしまった方へ!

お子様が友達と遊んでいるときや、スポーツをしているときに転んで歯を折ってしまった……。
そんなときは、すぐに折れた歯を持ってご来院ください。

折れた歯はほんの少しのかけらでもよいので、しっかりとラップやガーゼなどに包み、できれば水などにつけてお持ちください。歯の根の場合は、根の部分に触らないようにして牛乳につけておきます。

もしも歯が汚れている場合は、歯根膜には触らずに、数秒間だけ弱い水量の水道水で洗い流してから牛乳に入れてください。
牛乳がない場合は、歯を飲み込まないように注意しながら口の中に入れて受診してください。

お気軽にご予約
お問い合わせください