048-434-3493 ご予約

むし歯治療

蕨の地から、納得いただける医学的根拠に基づいた治療を。

歯は、むし歯の発生・再発によって失われていきます。
それを防ぐことが、健康な歯を守るために最も重要なことです。

むし歯治療 むし歯治療
むし歯治療

歯は、むし歯の発生・再発によって
失われていきます。
それを防ぐことが、
健康な歯を守るために
最も重要なことです。

大切な歯を守ることを第一に考えた治療。

むし歯治療で大切なことは「削らないこと」だと考えています。
そのため初期の治療では、削るべきむし歯か、削らなくてもいいむし歯なのかの判断を緻密に、かつ正確に行うための診査・診断に力を入れています。
歯の表面のエナメル質は、体の皮膚と同じ役割をしています。その組織を削ったり剥がしたりすることは、歯の象牙質が露出してしまうことになります。象牙質は柔らかいので、菌が象牙質に達した後は、むし歯が急速に進行してしまいます。むし歯を回避するためには、そのエナメル質をいかに削らずに治療するかが大切になります。

当院の診療の特徴について

歯と修復物の隙間から感染することを抑える治療

歯と修復物の隙間から感染することを抑える治療

歯と修復物の隙間に菌が入り込み感染することをマイクロリーゲージと言います。
いったん治療した歯がむし歯になったり、被せ物が取れたりする原因はこのマイクロリーゲージにあります。
当院では、診査・診断を丁寧に行い、世界基準のガイドラインをもとに、精度の高い接着を実現し、マイクロリーゲージの発生リスクを抑える治療を行うことが可能です。

レーザーでむし歯を見逃さない!ダイアグノデントを使用

レーザーでむし歯を見逃さない!ダイアグノデントを使用

歯にレーザーを当て、目視では確認できない部位などのむし歯の深さを数値化します。それにより、削るか削らないかの微妙なラインを正確に判断することができます。できる限り削らないための大切な診断方法です。

怖くない・痛みの少ない治療を行っています。

怖くない・痛みの少ない治療を行っています。

歯科医院と聞けば、痛い・怖いと連想される方も大勢いらっしゃるかと思います。
当院では、患者様が怖い思いをせずに済むよう、小まめな声かけや丁寧な説明を行っています。また、治療中の麻酔についても、いきなり注射はいたしません。まず、表面麻酔を塗布し、感覚がなくなったころに、ゆっくり麻酔液を注入します。そのため、痛みはほとんどございません。

削った箇所の詰め物や被せ物には選択肢があります!

歯を削った後は、人工物を詰めたり・被せたりするのですが、それらにはさまざまな材質のものがあります。特に、金属含有率0%のセラミックは、見た目も自然で、美しく、むし歯の再発防止にもつながります。セラミックにご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

セラミック(メタルフリー)のメリット

セラミック(メタルフリー)のメリット

  • 身体への親和性が高い
  • 金属を用いないため、アレルギーの心配がない
  • 歯肉が黒ずむ心配がない
  • 透明感ある仕上がりが実現できる
  • むし歯が再発しづらい

当院では金属を使用しない歯科素材を豊富に取り揃えています。カウンセリングと診査を行い、患者様の症状やご要望に合った素材をご提案させていただきます。

セラミックについてはこちら


CR(コンポジットレジン)の紹介

CR(コンポジットレジン)の紹介

コンポジットレジンは歯の詰め物として使用するセラミックと合成樹脂を合わせた素材です。型取りの必要がなく、また、ほとんど歯を削らずに使用できるため、歯の神経を保護することにつながり、歯の寿命を延ばします。

また、メタルフリーであることから金属アレルギーの方でも安心して使用でき、色の種類が多いのでご自分の歯に合わせた色が選べるなど、健康面・審美面の両面で非常にメリットの大きい治療法です。しかも、ほとんどの場合、1日で治療が終わります。
デメリットを挙げるならば、金属やセラミックと比べるとやや強度が劣るという点がありますが、欠けた部分だけ修正することができますし、メンテナンスすれば長期的に維持していくことも十分に可能です。

むし歯が小さい場合の小さな詰め物(インレー)の紹介

むし歯が小さい場合の小さな詰め物(インレー)の紹介

インレーとは、歯を削った部分を補う詰め物のことで、比較的小さなむし歯の治療に用います。削る歯質の量が少なくて済むため、できるだけ多くご自身の歯を残したい方には大変おすすめです。

インレーには、型取りがなく金属アレルギーのリスクを避けられるコンポジットレジンのほか、型取りをして2回の通院が必要となるジルコニア・セラミック・メタルなどのインレーもあります。ジルコニアやセラミックは保険外となりますが、より高い強度や審美性を獲得できます。特に噛む力が強い方にはジルコニア、歯ぎしりがある方には歯の硬さに近いセラミックなどがおすすめです。

むし歯が大きい場合の歯の被せ物(クラウン)の紹介

むし歯が大きい場合の歯の被せ物(クラウン)の紹介

インレーが詰め物であるのに対して、被せ物のことをクラウンといいます。クラウンは大きなむし歯などが原因で大部分を失った歯に対し、すっぽりと覆い被せるようにして補う治療法です。

インレーは詰め物を設置するために削る歯質の量が少なくて済むため、患者様の歯をできるだけ多く残すことができますが、強度の点でクラウンに劣ります。特にインレーは、噛み合わせ部分に当たるケースでは、強く噛むことによってインレー自体が破損する恐れが出てきます。その点でクラウンは、設置のために歯質を大きく削る必要がありますが、強度が高く、歯全体が修復物で覆われるため、むし歯になりにくいといったメリットがあります。
保険外の治療とはなりますが、当院では金属アレルギーを避けることができるダイレクトボンディング・セラミック・ジルコニアを推奨しています。

むし歯は歯科医院で、予防できます!

むし歯は歯科医院で、予防できます!

むし歯にならない口腔環境をつくるための予防に力を入れています。 定期的なクリーニングや健診で、噛み合わせや磨きにくいところをプロの目でしっかりとチェックすることで、むし歯リスクや歯周病を軽減します。

ほかにもブラッシング指導・自宅でのキリリトールガムやフッ素洗口(うがい)の取り入れ方・歯ブラシ選びのポイント・シュガーコントロールの知識など、メンテナンス時に歯科衛生士から歯の正しい知識についてお伝えしています。

ご自宅でのケアの方法もレクチャーします!

【ご自宅で出来るケアの方法】

  • キシリトールガム
  • フッ素洗口
  • ブラッシング方法
  • 食事のとり方
  • シュガーコントロール(糖分接種の考え方)
  • ステファンカーブ(口腔内のPH濃度の変化) など

お気軽にご予約
お問い合わせください