048-434-3493 ご予約

親知らずの抜歯

蕨の地から、納得いただける医学的根拠に基づいた治療を。

親知らずの抜歯について

親知らずは、必ず抜歯しなければいけないものではありません。
ほかの歯を抜歯したときの移植用の歯として親知らずを使うことができるため、状態や患者様のブラッシングの状況や生え方を診た上で、親知らずの抜歯について検討させていただきます。
また、まっすぐに生えていて正しいブラッシングができる状態であれば、抜歯せずほかの歯と同じように機能している歯として使用することができます。

親知らずは、必ず抜歯しなければいけないものではありません。
ほかの歯を抜歯したときの移植用の歯として親知らずを使うことができるため、状態や患者様のブラッシングの状況や生え方を診た上で、親知らずの抜歯について検討させていただきます。
また、まっすぐに生えていて正しいブラッシングができる状態であれば、抜歯せずほかの歯と同じように機能している歯として使用することができます。

以下のような場合は、抜歯が必要かもしれません。すぐにご相談ください。

  • 歯が歯茎を圧迫して痛い
  • 顎や頬が腫れている
  • 歯が磨きにくく、むし歯や歯周病のリスクがある
  • 親しらずが生えたことで噛み合わせが悪くなった
  • 斜めに生えてきた
  • 隣の歯を押している
  • まだ生えてはいないが歯茎が痛い

状況によっては、提携の大学病院での処置となります。
・東京医科歯科大学
・川口市立医療センター
・慶應義塾大学病院 歯科・口腔外科

お気軽にご予約
お問い合わせください