048-434-3493 ご予約

歯内療法

蕨の地から、納得いただける医学的根拠に基づいた治療を。

歯の根の中の治療を得意としています。
歯を残したい・抜きたくないという方は、まずは当院にお気軽にご相談ください。

歯内療法 歯内療法
歯内療法

歯の根の中の治療を
得意としています。
歯を残したい・抜きたく
ないという方は、
まずは当院に
お気軽にご相談ください。

歯内療法とは

歯内療法とは、歯の根の中の管(根管)に関する治療のことです。

歯の奥には、歯髄(神経)という軟らかい組織があり、根の先から顎の骨の中の神経や血管と繋がっています。
この歯髄が、細菌感染をすると、歯の痛みや歯肉の腫れが起こります。
感染から歯を救い、さらに長い間機能を温存させるため、細菌感染した歯髄を除去して歯を残すための治療(歯髄保存療法)を試み、抜歯を回避するところから歯内療法は始まります。
歯内療法

歯内療法とは、歯の根の中の管(根管)に関する治療のことです。

歯の奥には、歯髄(神経)という軟らかい組織があり、根の先から顎の骨の中の神経や血管と繋がっています。
この歯髄が、細菌感染をすると、歯の痛みや歯肉の腫れが起こります。
感染から歯を救い、さらに長い間機能を温存させるため、細菌感染した歯髄を除去して歯を残すための治療(歯髄保存療法)を試み、抜歯を回避するところから歯内療法は始まります。

歯の神経を残す。歯髄保存療法

天然歯を長く残す(歯の寿命を延ばす)ためには、歯の歯髄(神経)を温存することが大切な要素となります。歯髄保存療法は、細菌感染した部分の神経を取り、残りを温存することで歯の寿命を延ばし、将来的な抜歯を回避するための治療です。
当院では、神経に近いむし歯や大きなむし歯などの治療を行う際に、可能な限り神経(歯髄)を残す保存に努めています。

歯髄保存療法には下記の種類があります。

直接覆髄(ちょくせつふくずい)

むし歯を除去した後に神経が露出した場合、直接薬剤を置き、神経を除去せずに封鎖する方法です。

部分断髄(ぶぶんだんずい)

かなりむし歯が進行している状態で、歯の神経の一部に炎症が生じている場合、炎症している部分の神経のみを除去し、健康な部分の神経を保存する方法です。

全部断髄(武断ぜんぶだんずい)

神経のほとんどが細菌感染し、炎症を起こしている場合に用いられる治療法です。
断髄法により少しでも神経を残すことができると、歯根の成長が続くので、生えたばかりの永久歯に有効な治療法です。
これより歯髄の細菌感染が進行し、神経全部が感染した場合、歯の神経をすべて取ることになります。

歯髄を抜髄しなければならない場合

当院では、歯髄が炎症を起こしているから、病変が大きいからといって安易に抜髄するのではなく、やるべき治療を試みた後、それでも治らない場合の最終選択肢として、抜髄を考えています。

精密検査

歯内療法を成功に導くためには、最初の治療時の診査・診断が大切です。 神経を取るか取らないかの決定をするため、精密に診査・診断を行います。

抜髄(細菌感染した歯髄を取る)

抜髄の流れ

  • むし歯の除去(麻酔下)
  • 専用器具を用いて歯髄の除去
  • 空洞になった根管の長さを測定
  • 根管内を薬液で洗浄
  • 根管充填(根管内を専用の薬剤で埋め、仮蓋をして数日置く)
  • 数日で消毒してきれいになった根管内にゴムのようなものを緊密に詰込む
  • レントゲン写真で確認し、終了
  • 支台築造(土台をつくる)

根管治療は痛くない!?

通常、根管治療において痛みを感じる可能性があるのは、神経を抜く過程です。この場合は通常、麻酔をするため、治療における痛みは少ないです。一度神経を取ってしまえば痛みは感じないため、その後の根管治療では麻酔をかけません。

当院では根管治療が難しい場合でも外科処置で対応できます。

外科処置

根管治療が難しい場合には、外科的処置でその歯を救うことができる場合があります。

歯根端切除

根の外側の歯茎を切開して、炎症のある根の先の部分を切除する処置です。切開した部分は縫い合わせて塞ぎます。
根管治療で充分に治癒できていなかった場合、症例によっては歯根端切除で歯を残せることがあります。

意図的再植

歯根端切除ができない(奥歯など)ケースは、意図的再植で歯を救うことができます。
いったん歯を抜いてから、炎症のある根の先の部分を切除し、歯を再度口の中に戻して接着で固定する処置です。1カ月弱で歯は骨にくっつくので、その後は再度被せることができます。

外科的処置を行っても難しい場合

外科的処置を行っても治らない場合に、初めて抜歯という選択になります。
当院では、できる限りの治療をすべて行った後、最後の選択肢が抜歯となります。

お気軽にご予約
お問い合わせください