048-434-3493 ご予約

自家歯牙移植
(歯の移植)

蕨の地から、納得いただける医学的根拠に基づいた治療を。

自家歯牙移植(歯の移植) 自家歯牙移植(歯の移植)

ご自身の歯を移植することができます。

自家歯牙移植(歯の移植)とは

なくなった歯に自分の歯を移植する方法です。 口腔内で使われていない歯(親知らずなど)がある場合に、この歯をドナーとして移植します。 高度な技術を要するため、一般にはあまり普及していませんが、当院ではこの自家歯牙移植の症例を数多く行っています。

親知らずの使用したインプラント治療も行えます。

奥歯を抜歯しなければならない状況の患者様は、第一選択肢をインプラントと決定する前に、親知らずが生えているがどうか、歯の移植ができないかどうかを一度ご検討ください。 当院では、ほかの歯科医院で抜歯と判断された方でも、再生治療や根管治療などの歯内療法を用いて、まずは歯を残すための治療を検討します。 それでもだめな場合には、親知らずを移植する自家歯牙移植(歯の移植)を検討させていただきます。 抜歯の基準については、歯科医院によって最終判断が異なります。抜歯してインプラントにとすすめられた方でも、天然歯の移植が可能な場合がありますので、一度お気軽にご相談ください。 また、奥歯をすでに抜歯している方でも、親知らずを移植することで、咀嚼機能の改善に繋げることができます。

自家歯牙移植(歯の移植)のメリット

天然歯には、インプラントにはない歯根膜(歯を顎骨に留めておく靭帯のような役割の組織)があるため、下記のような生体の安定を手に入れることができます。

生体親和性がある

天然歯なので、細菌への防御反応があり、口腔内の環境が変わったとしても、生体の変化に柔軟に対応することができるため、安定感があり、異物反応も起こりづらくなります。

異物反応が起こりづらい

移植される歯の根っこ部分には、骨を誘導する歯根膜(顎骨に歯を留めておく靭帯のような組織)があります。この歯根膜の面積やボリュームがあれば、インプラントにはない安定感が得られるとともに、異物反応が起こりづらいという有効な治療法です。

繊細な感覚

歯根膜は感覚をつかさどる部分でもあるため、天然歯を移植することで、食べ物の歯ざわりをより繊細に感じることができます。

歯を抜いた後の対処法にはインプラントと自家歯牙移植(歯の移植)がありますが、インプラントは人工歯根で、自家歯牙移植は天然歯根です。
自分の歯で長い期間咀嚼するためにも、口腔内の状況や歯の状態が可能であれば、天然歯根の自家歯牙移植(歯の移植)をおすすめしています。

丁寧かつスピーディ、正確な処置で成功率UP

移植が成功するためのポイントは、「いかに歯根膜を維持するか」ということです。
歯根膜は、栄養を歯に届ける役割や、噛んだときの振動を吸収するクッションの役割があります。この歯根膜が長時間放置されたり傷が付いたりすると、歯に栄養や血液がスムーズに流れなくなり、移植が成功に繋がらない場合があります。

歯科用CTと3Dプリンタを用いた正確でスピーディな処置

当院では、移植時にCTで口腔内の状態を確認した後、3Dプリンタでいったん移植歯のレプリカを作製します。 歯のレプリカがぴったりはまるような土台をつくってから、抜いた歯を移植するため、歯根膜の放置時間が短縮されます。 また、ぴったりとサイズの合ったものをつくることができるため、歯根膜をきれいな状態で維持できます。
CTと3Dプリンタを用いた正確でスピーディな処置

当院では、移植時にCTで口腔内の状態を確認した後、3Dプリンタでいったん移植歯のレプリカを作製します。歯のレプリカがぴったりはまるような土台をつくってから、抜いた歯を移植するため、歯根膜の放置時間が短縮されます。また、ぴったりとサイズの合ったものをつくることができるため、歯根膜をきれいな状態で維持できます。

正確に移植を行うための緻密な外科的処置が可能です。

移植する歯の大きさと移植する歯根部分が必ずしも一致するわけではありません。 当院では、院長の高い技術力と豊富な経験により、歯肉の歯の深さや歯肉のマネージメントを正確に行うことができます。 はめてみた後、歯肉が足りない場合にはすぐに縫合を行い、ガイドラインに基づく適切な基準を満たした状態で治療を完了できます。また、徹底した滅菌技術で細菌感染の回避をしています。

お気軽にご予約
お問い合わせください